池袋の質屋だから良いこと

日本全国に質屋はたくさんありますが、池袋の様な都心にある質屋の場合、都心ならではの良いこともあるのをご存知でしょうか?

質屋といえば、その利用方法はどこの質屋でも大体同じです。

質預けにできる品物を持ち込み、査定をしてもらい、査定結果によって出された金額を借りるというシステムです。

さて、都心と地方では質屋に少し違いがでてきます。

それはすばり、都心の質屋の方が高く査定がされるということです。

もちろん、一時お金を借りるのであれば、必要分の査定がしてもらえれば十分と考える人もいるかもしれません。

万が一、返済ができなかった場合、その品物は質流れと言って、所有権は質屋の物になってしまいます。

要は買取という形になりますので、できるだけ高く査定をしてもらえるところが望ましいです。

池袋の様な都心の質屋の方が査定額が高い理由は、質流れになった後にその品物に対して、地方より需要があるからです。

始めから買取にすると決めていけば、更に高価な値をつけてもらえる可能性もあります。

また、東京や大阪などの人が多く集まるところというのは質屋もその分多く点在しています。

競合が多いほど、査定額をできるだけ良くしてくれる様に質屋も頑張ってくれます。